プライバシーマーク2

JISQ15001:2017に対応するのは

JSQ15001は2017年12月に内容が大きく変更されました。

では、既にプライバシーマークの付与を受けている組織は、どう規程等を修正したらよいでしょうか。

前回のブログで、新規格の本文を現状の作成済み規程の上位に作成する方法で簡単に更新対応できるようになると言いました。

その方法の概要を説明します。

以下の方法です。

・既存の規程等の上位にJISQ15001規格の本文と同等な文書(例えば、QMSマニュアルとする。)を位置づける。

・JISQ15001規格と既存の規程等との関連付けをする。

・既存の規程等では規格本文から足りていない内容をQMSマニュアルに追加する。

  例えば、利害関係者のニーズ及び期待の理解の方法など

・既存の規程等では附属書Aから足りていない内容を既存の規程等に追加修正する。

  例えば、匿名個人情報の取り扱いなど

上記の方法は1つ方法です。

既存の規程等の造りによって変わってきますが、ほぼこの方法で更新対応できます。

               文書 フォーアス 9 \l

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です